The Punisherデリヘル | 天才の住む町所沢からのデリヘル贈り物

 

The Punisherデリヘル

  • 投稿者 : ドメスティカー
  • 2013年10月5日 3:45 AM

「いったい、どこに行ってたんだい」彼は詰問した。こっちへもどって、俺を保釈してくれよ」わたしは手早く一杯あおった。最初に手が触れた店売りのバーボンをつかみ、さっとのどの奥にほうりこんだのだ。客の群れが、先生おしっこという小学生のように、われもわれもとわたしに手を振った。地元以外の場所からやってきた身なりのよい文化的ハゲタカどもだった。どこから来たのだろう。どうやってこの店を見つけたのだろう。「よう、熟女、ここで酒にありつくときは誰と寝なきゃならないんだ」「もっとマシな提案をしなきゃ、ひと口も入らないね」わたしはクレィマーに一杯つぎ、自分自身におかわりをくれてやった。強いhttp://real-f.net/のような「きみたちは飲んでるのに、なんでわれわれは飲めないんだ」「この店の発明」わたしは答えた。「こうすると、高い値段をふっかけても許される」笑い声があがった。店じゅうがわたしに注目していた。観客がついたのだ。そこでわたしは、グラスを三つならべ、そのなかに角氷を投げ込んでやった。一方の手に二本ずつ酒埋をつかみ、両手を使って飲み物をつくってやった。シェイカーを空中高くほうりあげて酒をかきまぜ、よろめきながら受け止めてふたをとり、グラスの真上から一滴あまさずついでやった。朝めし前だった。失敗のしょうがない。わたしは観客を手中に収めた。売れっ子デリヘル嬢はものおぼえがよかった。しばらくすると、リズムをつかんだ。もちろん、手と眼と口の組合せは、わたしにかなうわけがなかった。酒をつくるのはのろく、注意力はもっとのろかった。でもhttp://real-f.net/ であれが、始めたばかりにしては上々だった。バイブは、タイタニック号の手すりにでもつかまるように、カゥンターにしがみついていた。彼の常連は姿を消し、二度ともどってこないはずだった。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。